今日のあなたの体験は、
明日のだれかの知りたい知識

知的生産性・労働生産性・モチベーションを向上させる
ナレッジ共有サービス「mebaL(メバエル)」。
シンプルな機能で直感的に操作が可能。
ITに詳しくなくても簡単に使える情報管理システムです。

知的資産を活用して、新しい芽を生み出す

私たちは、「すべてのオフィスワーカーにナレッジマネジメントの利便性を感じていただけること」をビジョンに掲げ、
IT に詳しくない方やこれからナレッジマネジメントに取り組まれる方に使っていただきやすいようシステムの設計、開発を行っています。
個人が持つ知識が効果的に組織へ蓄積・共有されることで、イノベーションが促進され、共有された知識は問題解決に役立ち、生産性向上に寄与します。
そして、個人が自らの成長に関心を持ち、学びの機会を得ることがモチベーションの向上に繋がります。
mebaLは、組織全体で知識を活かし、「生産性」と「モチベーション」の両面でポジティブな影響をもたらすナレッジマネジメントサービスを目指します。

機能を詳しく知る

mebaLは、シンプルな画面で誰もが簡単に使える、
社内の知的資産管理に最適なナレッジ共有サービスです。
ナレッジを蓄積・共有・活用し、生産性アップをサポートします。

01. 知的資産を「蓄積」する。

「投稿」「URL共有」「音声テキスト化」機能で、個人が持つ専門的なスキル知識業務のプロセスノウハウ成功事例失敗からの学びなど、組織にとって大切な知的資産をmebaLに集約しましょう。これまで形式的に共有されなかった暗黙知が可視化され、組織内に共有されることで、業務の効率化や組織力の向上が期待できます。

02. 知的資産を「整理」する。

「タグ」、「グループ」機能を活用して、様々な情報を体系化しましょう。プロジェクトやトピックごとにタグやグループを作成し、分類することで、検索性が高まり必要な情報へアクセスしやすくなります。

03. 知的資産を「検索」する。

タグやキーワード、投稿者や日付で情報を検索して、必要な情報をすばやく手に入れましょう。業務中にわからないことや疑問が発生したときに、自身で過去の事例関連する情報を検索し活用できる環境は自己解決の手助けになります。また、誰が投稿したかもわかるので、詳しいメンバーにコンタクトを取ったり、社内コミュニケーションの活性化にもつながります。

04. 知的資産の「質を向上」する。

ナレッジを資産として活用するには、情報の最新化や補足など継続的なメンテナンスが必要です。「共同編集」や「コメント」機能を活用して、チームでナレッジを育てましょう。メバエルなら、気付いたそのときにブラウザ上で手軽に編集することが可能です。

05. 知的資産を「共有」する。

マイライブラリに蓄積された自身のメモを組織内に共有しましょう。メバエルは、スペースやグループに「公開」するだけで組織内に情報を共有することが可能です。また、各グループの設定によりユーザーのアクセスを制限することも可能で、情報の機密度に応じて柔軟に共有できます。

mebaLの主な機能

日々の業務で自然とナレッジが貯まる便利な機能を揃えています。